【頂上決戦!】ピューレパールVSアットベリーはどっちが買い!?

【頂上決戦!】ピューレパールVSアットベリーはどっちが買い!?

 

つり革につかまるのなんて嫌、黒ずみが気になっておしゃれができない、人に見られたら恥ずかしい、こんな悩みを抱えていませんか。黒ずみを気にせずにノースリーブや水着を着ておしゃれを楽しみたいと思いませんか。
そんな方をサポートするクリームが、「ピューレパール」と「アットベリー」です。では、それぞれどのようなクリームなのでしょうか。

 

 

ピューレパールはこんな商品

 

黒ずみができる原因は刺激です。カミソリや毛抜きでムダ毛の処理をしたり、衣服の摩擦などの刺激でメラニンの生成が促されます。しかも、脱毛後の肌は乾燥をして敏感になっています。

 

 

黒ずみができる肌はダメージで弱っています。そのため、潤いを与えて肌の力の回復を助けてあげることが、黒ずみをケアするポイントです。ピューレパールには、黒ずみをケアする7大成分が配合されています。潤いを与える成分が、トリプルヒアルロン酸・トリプルコラーゲン・天然ビタミンE・プラセンタ・セラミドです。肌に潤いを与えることで肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が整います。

 

黒ずみにアプローチする成分が、プラセンタ・グリチルリチン酸2K・米ぬかです。メラニンの生成を抑制して、シミやそばかすを防ぎます。

 

 

さらに、独自技術で成分をナノ化しています。黒ずみができて硬くゴワゴワした肌には成分が浸透しにくいですが、ナノ化をすることでスーッと浸透しやすくなります。そして、高分子ヒアルロン酸が肌表面の潤いを守ります。黒ずみができてしまう肌は敏感です。刺激を与えると黒ずみが悪化する心配があります。ピューレーパールは低刺激です。合成香料・着色料・シリコン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤は配合していません。

 

 

アットベリーはこんな商品

 

アットベリーの特徴はトリプルサンド方式を採用していることです。内側と外側からケアをします。

 

内側を集中的にケアする成分が、ナノ化したオリゴヒアルロン酸やコラーゲンです。ナノ化をすることでスーッと内部に浸透します。外側を集中ケアする成分が高分子ヒアルロン酸などです。分子が大きな成分は肌表面にとどまって、外側を集中的にケアをして潤いを守ります。刺激対策も万全です。セラミドやエラスチンなどの保湿力ベールが刺激から肌を守ります。

 

アットベリーは高濃度配合、美容成分97.8%でできています。配合している美容成分は、5種類の美白成分種、6類の保湿成分、5種類の植物成分、さらにニオイ対策のための成分も配合しています。そして、敏感肌や乾燥肌への優しさも考えられています。アットベリーは着色料・シリコン・紫外線吸収剤・石油系合成界面活性剤・鉱物油・アルコール・パラベンは使用していません。

 

 

判定!・・・勝利はピューレパール!

 

判定はピューレパールです。ピューレパールが勝利の理由は2つあります。

 

1つめはコンパクトなことです。

 

黒ずみのない肌を目指すには、毎日コツコツとケアを続ける必要があります。ピューレパールは30gとコンパクトな容器です。持ち運びに便利で、旅行先でもケアを続けることができます。一方、アットベリーは60gです。たっぷり用量なので持ち運びに不便で旅行先などではケアをしにくいです。

 

 

もう一つの理由は満足度が高いことです。

 

ピューレパールの使い心地満足度は100%です。81.7%が黒ずみをケアできた、81.6%がしっとり潤いを実感、92.9%がべたつかずに使えた、98.5%がお手入れが簡単と回答しています。女性1442人に行ったアンケートでは、商品力1位、信頼1位、価格1位と圧倒的な支持を得ています。使用した方からは、敏感肌だけれど大丈夫、ノースリーブも怖くない、おしゃれを楽しめるようになった、サラッとして使いやすいなどの声をもらっています。

 

 

>>ピューレパールの詳細についてはコチラ