ピューレパールは妊娠中に使っても大丈夫?|妊娠線への効果についてもリサーチ!

ピューレパールは妊娠中に使っても大丈夫?|妊娠線への効果についてもリサーチ!

 

身体の黒ずみに悩む女性は意外と多いものです。そんな黒ずみ対策として誕生したピューレパールは、脇だけではなく身体の様々な部位の黒ずみに使用する事が出来ます。

 

 

女性の場合、妊娠すると黒ずみが普段よりも目立つようになったり妊娠線が気になるようになるものです。ピューレパールは、妊娠中にも使用する事が出来るのでしょうか?また妊娠線の解消にも役立つ製品なのかリサーチしてみました。

 

 

妊娠中は使わないほうがいいです!

 

ピューレパールは、敏感肌の方でも使えるように無添加、低刺激にこだわって作られた製品です。

 

そのため妊娠中でも使えるんじゃないか?と思いますよね。

 

 

でも、妊娠中というのは普段以上に肌が敏感になっているものです。また、今まで刺激を感じなかったものや反応しなかった成分であっても赤みや痒み、発疹などを生じてしまう事もあります。ピューレパールは、確かに低刺激で肌に優しい製品ですが、マタニティ専用の商品ではありません。

 

そのため公式サイトでも、妊娠中の使用は医師に相談をするようにと触れています。

 

 

ピューレパールの成分をみると、胎児に影響を与えるような成分は配合されていません。そのため、もし、妊娠に気がつかずにピューレパールを使用してしまったとしても、胎児への影響を心配しなくても大丈夫です。

 

 

ただピューレパールには、黒ずみを解消するための美容成分が高濃度で配合それています。美容成分が高濃度で配合されているという事は、それだけ効果も高いという事ですが、その分妊娠中のお肌にはトラブルを起こす可能性にも繋がってしまいます。ですから万が一の事を考えて、妊娠中の使用は控えた方が賢明だと言えるでしょう。

 

 

出産してからでもピューレパールがあればOK!

 

妊娠中はホルモンの影響でメラニンが増加しやすく、黒ずみが目立ってしまうものです。でも、ピューレパールを使って出産後にケアを始めれば大丈夫です。

 

何故ならピューレパールは、黒ずみの予防だけではなく既に出来てしまった黒ずみの解消にも効果を発揮する製品となっています。だから、肌がいつもより不安定でデリケートになる妊娠中は控えて出産後からケアを開始しても黒ずみを解消する事が出来ますよ。

 

 

美白成分やターンオーバーをサポートしてくれる成分が豊富に配合されているから、気になる黒ずみにしっかりとアプローチしてくれます。1日2回、ちゃんと継続してお手入れをしていけば、出産後からのケアでも肌を回復させていく事が可能なのです。

 

 

ピューレパールで気になる妊娠線は消えるの?

 

ピューレパールは、特別妊娠線への効果を謳った製品ではありません。

 

しかし、お腹の真ん中に出来た黒い線、いわゆる正中線には大きな効果を発揮してくれるでしょう。何故ならこの正中線はメラニンの影響を受けて出来た線のため、美白成分がたっぷりと含まれたピューレパールは最適なケアが出来るのです。

 

 

一方、すいかの模様の様な妊娠線はメラニンではなく肉割れが原因となります。そのため美白をするだけでは妊娠線を解消する事は出来ません。では、こうした肉割れによる妊娠線にはピューレパールは効果なしなのでしょうか?実は、ピューレパールはこうした妊娠線にも一定の効果が期待出来ます。

 

それは、ピューレパールの驚異的な保湿力とターンオーバーをサポートする成分が配合されていることに理由があります。

 

 

妊娠線は、肌が乾燥していると目立つため潤いを与え肌を柔軟にしてあげる事が非常に重要です。また、ターンオーバーを促すことで徐々に妊娠線を薄くする事も可能になります。ターンオーバーをサポートする事によって皮膚の生まれ変わりを促進する事によって、妊娠線を目立たなくする事が出来るんですね。

 

 

残念ながら、ピューレパールで断裂してしまった真皮を妊娠前と同じ状態にする事は出来ません。これは、ピューレパールだけではなくスキンケア製品では不可能なのです。しかし、潤いを与えターンオーバーを促す事で、妊娠線も気にならない様にはなりますから、出産後はピューレパールを使ってケアする事をオススメします。

 

 

>>ピューレパールの詳細についてはコチラ