気になるピューレパールの消費期限・使用期限について

気になるピューレパールの消費期限・使用期限について

 

ワキの黒ずみが気になってキャミソールを着られない、つり革につかまるのが嫌、黒ずみゴワゴワで恥ずかしい、こんな悩みがありませんか。黒ずみに悩んでいる方をサポートするクリームがピューレパールです。女性1442人に行ったアンケートでは、商品力第1位、信頼第1位、価格第1位を獲得しています。

 

 

ピューレパールはこんな商品

 

ピューレパールは黒ずみをケアするクリームです。でも、そもそもどうして黒ずみができてしまうのでしょうか。主な原因は3つあります。

 

1つめはカミソリでのムダ毛処理です。カミソリで処理をすると肌に刺激が加わり、刺激によってメラニンの生成が促されます。

 

2つめは制汗剤の使用です。制汗剤には肌に刺激を与える成分が含まれていて、多量に使用することで肌の負担が増え抵抗力が減り、黒ずみの原因になります。

 

3つめは衣服の摩擦やムレです。これらも肌に刺激を与えてメラニンの生成を促します。

 

 

つまり、黒ずみは肌の再生力が落ちることが原因なのです。だから、潤いを与えて肌の力をサポートすることが大切になります。ピューレパールには、潤いを与えるトリプルヒアルロン酸・プラセンタ・トリプルコラーゲン・天然ビタミンEが配合されています。これらの成分が肌にたっぷりの潤いを与えます。潤いのある肌は肌の生まれ変わりの周期が整い、健やかな状態に近づきます。

 

さらに、ピューレパールは美白成分も配合をしています。配合している成分はプラセンタ・グリチルリチン酸2K・米ぬかエキスです。メラニンの生成を抑制して黒ずみを予防します。

 

しかし、黒ずみができている肌は固くゴワゴワしているので、肌の奥にまで成分が浸透しにくい状態になっています。そこで、ピューレパールは成分をナノ化しました。小さな成分は肌に浸透しやすい性質があるので、ナノ化をすることで肌に浸透しやすくなります。

 

 

そして、肌に刺激を与える成分を使用していないことも大切です。せっかく肌をケアする成分を配合していても、刺激を与える成分が配合されていたら肌の再生力の回復は難しいです。ピューレパールは肌への優しさも考えています。合成香料・着色料・シリコン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤は無添加です。

 

黒ずみのケアは毎日続けることが大切ですが、黒ずみケアをしていると周囲にバレてしまうと恥ずかしいですよね。ピューレパールは黒ずみケアクリームだとはわからない容器をしています。他人に気がつかれにくいデザインなら使いやすいです。

 

 

未開封と開封した後では期限が異なる

 

化粧品は使用機嫌を守って使用をしましょう。

 

使用期限を過ぎた化粧品は劣化をしていて、劣化をしたものを肌につければ肌にダメージを与えてしまいます。そして、肌の状態が悪化する心配があります。使用期限はパッケージに記載されていると思いますが、これは未開封の状態での使用期限です。開封後は使用期限にかかわらず早めに使い切りましょう。

 

目安は1か月です。開封後は空気に触れて酸化が進んだり、手で直接触れてクリームをとると手に付着している雑菌がクリームに混入をして不衛生になります。そのため、早めに使い切りましょう。スパチュラを使うと清潔に保ちやすいです。

 

 

保管方法にも注意しましょう!

 

使用期限に注意をするだけでなく、保管方法にも注意をしてください。保管方法が悪いと化粧品がすぐに劣化をしてしまいます。

 

保管は直射日光が当たらない冷暗所で行います。窓辺のテーブルの上に置きっぱなしになっていると、直射日光が当たってしまい劣化が進みます。このような場所は避けてください。涼しい場所で保管した方がよいのですが、冷蔵庫に入れる必要はありません。冷蔵庫に入れると出し入れの際に結露をして、化粧品が劣化をする心配があります。

 

 

>>ピューレパールの詳細についてはコチラ