ピューレパールで妊娠線は消えるの??

ピューレパールで妊娠線は消えるの??

 

ピューレパールの配合成分は?

 

ワキやヒザ、ビキニラインなど体中のあらゆる部分に現れるのが黒ずみです。

 

黒ずみは肌に刺激を与えないことと保湿で改善ができますが、自己流の対処法ではなかなか効果が出にくいものです。そんな解消が難しい黒ずみを塗るだけでどんど薄くしてくれるアイテムが薬用ジェルのピューレパールです。その成分は黒ずみをあらゆる面から改善してくれる嬉しいものばかりです。

 

ビタミンやミネラルを豊富に含み保湿や美白に高い効果を発揮する話題の成分プラセンタや、美白をサポートする成分として注目を集めているグリチルリチン酸2K、肌の透明感を引き出す米ぬかエキスの働きによりクリアな白い肌へと導きます。

 

 

また黒ずみを引き起こす原因である乾燥にアプローチする成分として、肌の隅々まで潤いを届けるトリプルヒアルロン酸やハリ・弾力を保つトリプルコラーゲン、抗炎症効果のある天然ビタミンEを配合、肌にみずみずしさを与え健康な状態に整えます。いくら効果的な成分でも、必要な所に届かなければその力は発揮されません。

 

ピューレパールは独自技術で成分をナノ化し、肌の奥まで美容成分を浸透させるとともに、高分子成分が肌表面で水分を保持、しっかりと保湿をしてくれ、黒ずみを作らせない肌を支えてくれるのです。

 

 

気になる妊娠線、なんでできるの?

 

妊婦さんのお悩みとして多く聞かれるもの、それが妊娠線です。お腹の他、胸やお尻にでき、出産が終わるとある程度目立たなくはなるものの完全に消すことは難しい厄介ものです。個人差はありますが、お腹が大きくなる妊娠5ヶ月あたりで目立ってくることが多いようです。

 

妊娠線ができる原因は大きく分けて二つあり、一つは急激な皮膚の伸び、もう一つはホルモンの影響です。

 

 

妊娠すると体重が増加し、それに伴い皮膚も伸びることになります。表面の皮膚は一緒に伸びることができますが、奥にある真皮や皮下組織を構成するコラーゲンや弾性繊維はこの急激な伸びについていくことができずに裂けてしまい、妊娠線になってしまうのです。

 

また妊娠中にはコルチステロイドというホルモンの分泌量が増加します。このホルモンにはターンオーバーによるコラーゲンの生成を抑制し、肌の弾力を損なうという働きがあります。コラーゲンを失った肌はしなやかさを失い、皮膚組織の断裂を起こしやすくなった結果、普段では現れないお腹などの断裂線である妊娠線ができてしまうのです。

 

 

ピューレパールは妊娠線にも効果が期待できるのです!

 

妊娠線は適切な方法である程度予防することが可能です。そしてそんな予防にもピューレパールは効果を発揮します。

 

妊娠線の予防には保湿対策が欠かせません。ピューレパールには保湿効果の高いコラーゲンやプラセンタ、トリプルヒアルロン酸などを配合していますので、妊娠線予防のための保湿に効果的です。またすでにできてしまった妊娠線も、米ぬかエキスやプラセンタの働きにより解消が期待できます。

 

ただしピューレパールは妊娠線専用クリームではないため、妊婦さんや赤ちゃんに全く影響がないとは言えません。特に刺激の強い成分を配合しているわけではありませんが、普段より体がデリケートな時期でもあり、妊娠中や授乳中に使用したい場合は専門医に相談することをおすすめします。

 

もしそこで使用できないとなっても諦める必要はありません。ピューレパールの適度な保湿と黒ずみ改善効果は授乳期を過ぎた後に残っている妊娠線にも効果を発揮します。授乳期を過ぎママの体のバランスが整った後なら問題なく使用することが可能です。

 

妊娠線は多くの妊婦さんが体験することなので必要以上に気にすることはありませんが、女性である以上できればきれいな肌でいたいと思うのは自然なことです。ピューレパールで効果的な妊娠線対策を行えば、全身をいつまでもキレイな状態に保つことができるでしょう。