ピューレパールは顔のシミにも効果はあるの??

ピューレパールは顔のシミにも効果はあるの??

 

ピューレパールの配合成分

 

ピューレパールにはプラセンタ、トリプルヒアルロン酸、トリプルコラーゲン、天然ビタミンE、セラミド、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスが配合されています。トリプルヒアルロン酸はお肌に潤いを与えたり、トリプルコラーゲンは保湿成分やハリや弾力性を保持したり、天然ビタミンEは保湿抗炎症効果や、グリチルリチン酸には甘草由来の成分により美白をサポートしたり、米ぬかエキスにはお肌に透明感ができたり、プラセンタにはあらゆる栄養素が豊富に含まれ潤いと美白効果があります。

 

そして、これらの効果が合わさることによって、理想的なお肌のターンオーバーをサポートしてくれ、肌を健やかに整え、しっかり保湿してくれます。また、メラニンの生成を抑えてくれ、シミやソバカスができるのを予防してくれます。

 

 

シミができる原因と黒ずみができる原因は同じ

 

黒ずみができるのは、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、刺激が強い除毛剤を使ったりすることによって出来てしまいます。こういったキレイになるためのお手入れがお肌の刺激となって、お肌を守るためにカラダがメラニン色素を大量に放出し黒ずみが出来てしまいます。

 

美意識が高い人ほど黒ずみに悩まされている、という傾向があります。

 

カミソリなどによる自己流の処理によって、お肌がダメージを受けて、お肌のターンオーバーが乱れます。そして、角質が厚くなっていき、メラニンが蓄積されていき、お肌の内部が乾燥し黒ずみができていくのです。夏の季節に手軽に使える制汗剤は、お肌に刺激を与える「複合体の重金属」の可能性があります。その為、多用しすぎると、お肌の抵抗力が落ちてしまい黒ずみなどの肌トラブルなどを引き起こしてしまいます。

 

お肌のターンオーバーは約28日周期でサイクルしています。下着や衣類などによる摩擦や汗のムレによって、自分自身が知らないうちにお肌をキズつけて黒ずみができたり、お肌がダメージを受け続けてしまっています。

 

それによりお肌のダメージによってターンオーバーが乱れてしまうと、お肌のダメージを防ごうとさらに角質が厚くなってしまい、メラニンが蓄積され皮脂や汗を過剰に分泌するようになってしまいます。メラニンを含む古い角質がいつまでも残ってしまうと、黒ずみの原因となったり、お肌が「ブツブツ」状態となってしまいます。

 

脱毛サロンでレーザー脱毛も黒ずみの原因の一つです。レーザーを照射されることによって、お肌がやけどし、それがかさぶたとなって最後は黒ずみとなってしまいます。脱毛後の肌は乾燥していたり、刺激に対して敏感な状態となっていますので、しっかりとアフターケアすることが大事です。また、脱毛することによって、今まで気にならなかった黒ずみが気になるようになることもあります。

 

 

つまり、黒ずみはダメージを受けてお肌の再生力が低下している状態なのです。黒ずみ肌を改善するには、潤い成分をたっぷりと与えることが重要なのです。

 

 

ピューレパールを使えばシミにも効果は期待できる♪

 

ピューレパールはお肌にとことん優しく無添加・低刺激のジェルです。また、合成香料、着色料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤の5つのフリーを実現しています。

 

黒ずみが出来やすいワキはとてもやわらかく敏感です。刺激を与えてしまうとお肌の力を低下させてしまい黒ずみが悪化してしまうかもしれません。だからこそ、刺激となる成分や必要のない成分は配合していません。また、お肌の弱い赤ちゃんにも使うことができます。ワキ以外にも、顔や二の腕、太もも、デコルテ、背中、ひざ、ひじなどのほかの体の部分にもプラセンタやグリチルリチン酸2K、米ぬかエキスなどの美白成分によって、効果が期待できます!

 

 

>>ピューレパールの詳細についてはコチラ