【徹底検証】ピューレパールVSイビサクリーム|黒ずみ対策ジェル頂上決戦!

【徹底検証】ピューレパールVSイビサクリーム|黒ずみ対策ジェル頂上決戦!

 

ピューレパールはこんな商品

 

ピューレパールは、脇の黒ずみ対策や肌のボツボツなどに効果的だとして人気です。ムダ毛処理時の刺激による、黒ずみや肌荒れといった肌トラブルをやさしい成分処方で改善してくれます。

 

ピューレパールには、プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンE、グリチルリチン酸2K、コラーゲンといった7大潤い成分が配合されています。肌の潤いを高めターンオーバーを正常化することで、美白効果を高め、黒ずみを改善させていきます。肌細胞が活性化することでバリア機能も高まるので、刺激に負けない健やかな肌へと導いてくれます。配合されている成分は、独自技術によりナノ化しているので、肌細胞の奥までしっかりと届き、肌内部から効果的に改善していけます。

 

 

また、ピューレパールは肌へのやさしさにもこだわっています。合成香料、着色料、シリコンといった一切無添加です。国内工場での製造において、徹底した品質管理のもと作られている日本製です。肌が弱い人でも安心して使えます。低刺激なので、脇だけでなく、肘、膝、くるぶし、バストトップ、ビキニラインと、幅広く使用することができます。

 

使い方も簡単で、朝と夜の1日2回、脇にサッと塗るだけです。コンパクトな容器なので外出先などへの持ち運びにも便利です。

 

 

イビサクリームはこんな商品

 

イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみ対策用に開発された人気の薬用美白クリームです。ムダ毛処理や脱毛、下着による摩擦などの刺激による黒ずみを美白成分で、効果的に改善してくれます。

 

イビサクリームには、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されています。トラネキサム酸は高い美白効果が、グリチルリチン酸2Kは、肌荒れ防止と肌の調子を整える効果が期待できます。この他にも、サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキスといった植物由来成分が配合されています。肌の保湿や炎症を防ぐ効果をもたらせてくれます。さらには、ヒアルロン酸、グリセリンなどの保湿成分が8種類も含まれています。肌の保湿力を高めターンオーバーを活性化し、効果的に黒ずみを改善していくことができます。

 

もちろん、デリケートな部分に使用するアイテムだからこそ、肌へのやさしさにもこだわっています。香料、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールといった刺激の強い成分は無添加です。デリケートゾーン以外のバストトップ、ワキ、膝、くるぶしといった部分にも幅広く使うことができます。

 

使い方も簡単で、朝と晩の1日2回塗るだけです。コンパクトなチューブタイプですので、持ち運びにも便利です。

 

 

【判定】ピューレパールの勝利!

 

ピューレパールとイビサクリーム、こうして比較してみると同じ黒ずみ対策に効果的な商品であるといった点では同じです。ただし、配合成分に違いがあるのでそれによって、肌に合う合わないがあるでしょう。

 

ピューレパールの方は、ビタミンEやプラセンタなど、抗酸化作用でメラニン生成を抑制する効果のある成分が含まれています。かなり肌にやさしい処方となっているので、肌が弱い人でも使いやすいです。その点イビサクリームに配合されているトラネキサム酸は、美白効果が高いものの、肌に合わないとかゆみや赤みといった副作用が現れる場合もあります。こういった不安要素のある成分が入っていると思うと、肌が弱い人だと、どうしても使いにくさを感じてしまうのではないでしょうか。

 

黒ずみができやすい部位は肌が弱い部分でもあります。そのため、黒ずみ対策で使用するアイテムも、極力刺激を抑えた肌にやさしいものを使いたいものです。脇やデリケートゾンといった敏感な部分の肌への影響を考えると、低刺激のピューレパールの方が断然安心です。そういったことから、黒ずみの対策に使用するなら、ピューレパールを選ぶのがオススメです。

 

 

>>ピューレパールの詳細についてはコチラ